なんJ政治ネタまとめ

政治リテラシーの高いなんJブログやね

    カテゴリ: 反社

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    img_939a159bfdcc1231ee8c9d5a9de2caef50008

    1: 風吹けば名無し 2021/12/29(水) 23:13:45.76 ID:h1/7Ywl20NIKU
    共同通信などによると、京都地検は同日、ウトロ地区の住宅に放火した有本匠吾被告(22)を非現住建造物等放火罪で起訴した。
    ウトロ地区は太平洋戦争当時、軍の飛行場建設のために動員された朝鮮人労働者が集まっていた場所で、在日コリアンの集団居住地となった。


    (中略)
     有本被告は警察に対し、犯行動機について「韓国が嫌いだった」などと供述していることが分かった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/125994703544ab3edab11bf360a0d3a9fd50abf1


    2ae78920-s


    引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1640787225/


    【ウトロ地区放火の無職男「韓国が嫌いだった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    165306_03

    1: 風吹けば名無し 2021/09/25(土) 10:54:05.82 ID:0IGDrWm90
    工藤会は安倍晋三前首相宅も襲撃!

     一般市民への暴力を躊躇しない工藤会はかつて、2020年9月まで憲政史上最長となる約7年8カ月にわたり首相を務めた安倍晋三の山口県下関市内の自宅や後援会事務所への襲撃事件も引き起こしていた。

     安倍側の被害が確認された最初の事件は2000年6月17日に発生、下関市内の安倍の自宅の車庫に火炎瓶が投げつけられ、乗用車3台などが全半焼した。

    事件はこの1件だけではなかった。2000年6月から同年8月までに、安倍の自宅や後援会事務所などいずれも下関市内で火炎瓶を使った以下の5件の事件が連続発生していた。 


    1 結婚式場の窓ガラス破損(2000年6月14日)

    2 安倍の自宅車庫で車焼損(同年6月17日)

    3 安倍後援会事務所の窓ガラス破損(同年6月28日)

    4 安倍後援会事務所で窓ガラス破損(同年8月14日)

    5 安倍の自宅車庫で車の一部破損(同日)


     火炎瓶投げつけ事件は発生から3年余りを経て解決へ向けて動き出した。福岡、山口両県警は2003年11月、指示した工藤会系組長や実行犯の組員、知人の元会社社長ら6人を非現住建造物等放火未遂と火炎瓶処罰法違反容疑で逮捕するとともに、工藤会の組織的犯行とみて北九州市の同会本部などを家宅捜索した。

     その後の取り調べで工藤会系組長や元会社社長は襲撃の動機について、にわかに信じがたい驚愕の供述をしたのだった。

    「(前年の)下関市長選で安倍が推した候補の選挙運動に協力した。候補は当選したために、500万円の報酬を受け取るはずが、300万円だけだったので犯行に及んだ」

     工藤会系組長や元会社社長らの初公判は2004年6月、福岡地裁で開かれた。検察側は冒頭陳述で犯行動機について、「元会社社長が1999年の下関市長選で安倍が推す候補を支援し、当選したため安倍側に現金500万円を要求した。安倍側は300万円を工面したが、その後の要求を拒否されたため、工藤会系組長とともに犯行を決意した」と主張した。

     工藤会系組長の判決公判は2007年3月に開かれた。福岡地裁は、「人への被害もありえた危険な犯行で、金銭のためには放火もするという動機も身勝手」と述べて組長に懲役20年(求刑・無期懲役)を言い渡した。

    以下ソース

    https://bunshun.jp/articles/-/48756?device=smartphone&page=2

    2: 風吹けば名無し 2021/09/25(土) 10:54:38.69 ID:0IGDrWm90
    襲撃の理由はこちら

    2000年6月と8月、安倍さんの後援会事務所や自宅敷地内の倉庫兼車庫に火炎瓶が投げ込
    まれるという事件があった。

    当時、内閣官房副長官に抜てきされ若手としてメキメキ頭角をあらわしていた安倍さんは、
    「北朝鮮の陰謀だ」なんて周囲に言っていたという。
    ところが3年後、パクられたのは工作員ではなく、北九州を本拠地に置く工藤会の組員たち
    だった。しかも、彼らがゲロッた「動機」がマズかった。

    安倍事務所の秘書から、下関市市長選に出馬した古賀敬章氏について、「在日朝鮮人」とか
    「北朝鮮の金正日の手先」などという誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)した怪文書

    image_134366

    をバラまくという仕事を請け負った彼らは、それをきっちりやり遂げた。
    業界で言うところの「裏選対」というやつだが、この報酬が待てど暮らせど安倍事務所から
    支払われない。ヤクザをダマすとはいい度胸しているじゃないかということで犯行に走った、
    というのだ。


    http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1306/11/news030_3.html


    引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1632534845/


    【【文春】工藤会が安倍晋三の自宅や後援会事務所をを5回も襲撃していたことが判明、理由は「報酬が支払われなかったから」と供述】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20210708-00000005-nbnv-000-2-thumb

    2: 風吹けば名無し 2021/07/08(木) 18:29:43.35 ID:BeMXmMOIp
    https://www.asahi.com/amp/articles/ASP783G6HP78OIPE00D.html
    表現の不自由展会場に爆竹?入り郵便物 破裂し避難騒ぎ

     8日午前9時半ごろ、名古屋市中区栄4丁目の市施設「市民ギャラリー栄」で来場者が避難する騒ぎがあった。ギャラリーでは、6日から国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で一時中止された企画展「表現の不自由展・その後」出展作品の展覧会が開かれていた。けが人はいないとみられる。

     捜査関係者によると、この日、ギャラリーの職員が郵便物を警察官立ち会いのもとで開けようとしたところ、爆竹のようなものが破裂したという情報がある。すぐに来場者全員を館外に避難させたという。県警がほかに不審物がないか調べている。


    https://nordot.app/785756431338405888
    名古屋市は8日、「表現の不自由展」が開催されている市施設での郵送物の破裂を受け、11日まで施設を臨時休館すると発表した。不自由展は11日までの予定で、開催が不可能になった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/841113d5ce55fa598f104ed46288c232f7f29574
     同市の河村たかし市長は市長室で記者会見し、「犯罪はいけない。とんでもにゃあこと」と批判した。
    河村市長はまた、郵送物が同展に反発する人から送られた可能性に言及。
    「市民の安全を守るのが最優先」と説明し、同展の会期期間の11日まで臨時休館することを決めたという。


    引用元:
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1625736573/
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1625791340/



    【【名古屋】表現の不自由展、爆竹が送り付けられ開催不可能になる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    00104f5f

    1: 風吹けば名無し 2021/05/13(木) 07:51:21.31 ID:kw2bJz0m0
    在日コリアンの母親を持つ男子大学生(当時は中学生)が、ブログ上で自らに対するヘイトスピーチを記していた大分県の男性(68)に対して慰謝料などを求めていた裁判の控訴審判決が5月12日、東京高裁(白井幸夫裁判長)であった。

    判決では、書き込みが「著しく差別的、侮蔑的」であるとして、慰謝料など計130万円の支払いを命じた。男性は2019年1月、侮辱罪で科料9千円の略式命令を受けており、民事では厳しい判決が下されたことになる。

    インターネット上の誹謗中傷をめぐる裁判としては高額で、差別を違法要素とする判決ついて、弁護団は「ネット上のヘイトスピーチについて、賠償基準や判断基準を塗り替える画期的なもの」としている。

    裁判を起こしたのは、神奈川県の大学生、中根寧生さん(18)。在日コリアン3世の母親と、日本人の父親を持つ。

    相手は、「』ブログ 日本が大好きでアンチ&排除支那韓国朝鮮ブログ」(タイトルは当時)のブログ主だ。

    判決によると、そもそもの発端は、2018年上旬に川崎で開催された音楽イベントに関する新聞記事。地元紙で、当時中学生だった中根さんのコメントが紹介されていた。

    「写楽」ではこの新聞記事や中根さんの名前を掲載した、「在日という悪性外来寄生生物種」などというブログ記事を公開。

    「見た目も中身ももろ醜いチョーセン人」「おまエラ不逞朝鮮人」「チョーセン・ヒトモドキ」などという言葉を並べていた。

    弁護団によると、ブログ記事は、中根さんの名前で検索すると上位に表示されていた。

    また、この「写楽」に限らず、ネット上では匿名掲示板をはじめとし、同様の書き込みが大量にされていたという。

    https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/sharaku-2


    引用元:
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1620859881/
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1620871167/



    【御年68歳ネトウヨ、在日の母を持つ中学生にヘイトスピーチし130万円の賠償命令】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    main_large

    1: 風吹けば名無し 2021/04/28(水) 03:34:14.30 ID:dA/GcPyK0
    「野田聖子」夫は「元暴力団員」…裁判所が異例の認定
    https://news.yahoo.co.jp/articles/530f1f5b0e070ac16655e74d35cb00cb6e5dbe72

     4月21日、東京地裁で、野田聖子元総務相(60)の夫・文信氏(54)が週刊新潮を訴えた裁判の判決が言い渡された。結果は文信氏側の請求棄却。さらに文信氏が「反社会的勢力」に属していたことを裁判所が認めるという、異例の認定が下されたのである。

     ことの発端は2018年7月。当時の安倍政権で総務大臣を務めていた野田氏の秘書が、文信氏と懇意にしていた仮想通貨事業者を同席させた場で、金融庁の担当者を呼びつけ“圧力”をかけたのではないかとの疑惑を朝日新聞(7月19日付)が報じたことがきっかけだった。

     これを受け週刊新潮は、“圧力”の背景に文信氏の存在があると指摘し、暴力団に所属する構成員であった経歴を報じた。この記事を“事実無根”とする文信氏は、発行元である新潮社を相手取り、1100万円の損害賠償を求め東京地裁に訴えたのだ。

     その請求が棄却されたわけだが、判決文では文信氏の経歴について、こう記されている。

     〈原告が指定暴力団・会津小鉄会の昌山(まさやま)組に所属していた元暴力団員であるとの事実の重要な部分は、真実であると認められる〉


    引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1619548454/


    【【悲報】野田聖子「『夫が元暴力団員』とデマを書かれた。訴えてやる!」→裁判所「あなたの夫は元暴力団員です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    51mdIPCtf8L._SX360_BO1,204,203,200_

    1: 風吹けば名無し 2021/04/10(土) 04:31:02.71 ID:vVggud8N0

    bLOwUHr

    s2NfrVZ

    FFc9nRy


    引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1617996662/


    【DHC会長が提唱した在日超優秀民族説、アホウヨも絶賛!…こいつら日本民族を劣等扱いし貶める「日本の敵」やろ】の続きを読む

    このページのトップヘ