なんJ政治ネタまとめ

政治リテラシーの高いなんJブログやね

    カテゴリ: マスコミ/メディア

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    DDPkYFw

    1: 風吹けば名無し 2022/06/07(火) 16:28:02.51 ID:pI1c4Ghx0

    NqvIKYp

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d1672d937776a9e506c5379adfb2958b969ef9a1
    新型コロナ対策の「持続化給付金」を騙し取ったとして、東京国税局の現役の職員を含め男女7人が逮捕された。そのうち、偽造した申告書類をネットで申請する役を担当していたとみられているのが、不動産会社の社員・佐藤凛果容疑者(22)だ。逮捕時の写真がネットで拡散され、「美しすぎる容疑者」などと話題を集めているが、彼女について全国紙社会部記者はこう話す。

    「佐藤容疑者は警察の調べに対し、『申請に関わったが、不正受給と知らなかった。報酬は一切、受け取っていない』と容疑を否認している。逮捕された時も、顔を隠す素振りも見せず堂々としていました。警察車両に乗り込む際には、捜査員を一瞥していました。彼女が勤めていたのは、都内に複数店舗を抱える不動産会社の小さな支店ですが、およそ大規模な給付金詐欺と結びつくような仕事ではない。なぜ彼女が関与したのかなど、不明な点は多い」

     彼女の素性はベールに包まれている。都内にある自宅マンションの住民は、一様に「(佐藤容疑者を)見かけたことがない」と話した。

     さらに、彼女の地元・新潟の小学校の同級生らにも話を聞いたが、「(佐藤容疑者と)つながりがありません」「付き合いがなかったので知りません」と答えるのみ。あまり目立つタイプではなかったようだが、「スポーツ少女」としては記録を残している。小学校時代には、地元の市内で行なわれた小学校親善水泳大会に出場。「6年女子100メートル自由形」で7位入賞しており、タイムは1分49秒だった。

     その後、大学入学と同時に上京した彼女は、今年4月に新卒で不動産会社に入社した。同社HPの社員紹介ページでは、〈幸せに暮らすためのお手伝いをさせていただきたいと考えております。お客様との出会いを大切に、幸せになっていただけるご提案をいたします〉とコメントを寄せてやる気を滲ませていたが、逮捕の2日前に退職していたという。


    引用元:https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1654586882/


    【例の給付金詐欺、何故か主犯や他の男はスルーされて女の方ばっか注目され卒アルも晒される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    93933

    1: 風吹けば名無し 2022/05/20(金) 15:03:46.41 ID:eBSkghKiM
    ひどすぎだろ…


    引用元:https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1653026626/


    【田口さん、生い立ちや卒業アルバムも晒されまるで殺人犯レベルで連日報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20190724143959

    1: 風吹けば名無し 2022/05/03(火) 23:56:07.54 ID:HfL5PJpxp

    2: 風吹けば名無し 2022/05/03(火) 23:56:22.32 ID:HfL5PJpxp
    【パリ=共同】国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)は3日、2022年の世界各国の報道自由度ランキングを発表した。

    対象180カ国・地域のうち、日本は昨年から4つ順位を下げて71位。ノルウェーが6年連続で首位だった。ウクライナ侵攻に絡み、報道規制を強化したロシアは155位へ5つ下落した。

    中国の統制強化が進む香港は148位(21年は80位)となり、下落幅は今年のランキングで最大だった。中国は2つ順位を上げ175位。

    RSFは、民主主義国で偏向報道の増加やSNS(交流サイト)を通じた偽情報の拡散により社会の溝が深まっていると指摘。
    クリストフ・ドロワール事務局長は声明で「強権国家は(官製)メディアを自身の武器とし、市民の知る権利を消滅させている」と訴えた。

    日本についてRSFは、大企業の影響力が強まり、記者や編集部が都合の悪い情報を報じない「自己検閲」をするようになっている国の例として韓国やオーストラリアとともに言及した。

    イスラム主義組織タリバンが昨年実権を握ったアフガニスタンは156位(同122位)へ、
    昨年のクーデターで国軍が全権を掌握したミャンマーは176位(同140位)へ、それぞれ大きく順位を下げた。最下位は北朝鮮(同179位)。

    今回、RSFは順位決定の方法を変更。政治や経済、社会・文化の各影響、法的枠組み、安全性の5指標で判定する。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/3b7ea8e806035d9908511e91fe311ee029726912
    国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)は3日、2022年の世界各国の報道自由度ランキングを発表し、韓国は43位で21年の42位から順位を下げた。
    1~3位はノルウェー、デンマーク、スウェーデンが占めた。米国は42位。北朝鮮は最下位だった。


    引用元:https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1651589767/


    【「報道の自由度」ランキング、日本はさらに4つ下げ71位に …米国42位韓国43位ロシア155位】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    989822

    1: 風吹けば名無し 2022/04/26(火) 09:59:01.89 ID:RN0ujF+p0
    さかいとしゆき (Sakai Toshiyuki)@SakaiToshiyuki0

    「日本がウクライナに謝罪させた」というニュースを外国メディアが一斉に報じ始めている。外国Twitterユーザーも様々な意見をツイート。「歴史修正」という言葉も見られる。国際的な議論を呼ぶことは必至。日本国内のメディアが諸外国の反応をどう報じるのか注目したい…。

    https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-04-25/ukraine-apologizes-to-japan-for-linking-former-emperor-to-hitler
    (訳)
    ウクライナ政府の公式ツイッターアカウントは、ファシズムの敗北に関するソーシャルメディアの動画で、アドルフ·ヒトラー、ベニート·ムッソリーニと共に日本の戦時中の天皇の写真を公開し、謝罪文を発表した。

    ウクライナのTwitterフィードで「このようなミスを犯した日本に心からお詫び申し上げます」というメッセージを読んだ。 「私たちは日本の友好的な人々を怒らせるつもりはありませんでした 天皇の写真のないビデオの編集版が投稿に追加されました。

    このツイートは週末に広く流布し、日本からの公式抗議を引き起こした。 また、ロシアの侵攻が始まって以来、ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領を強く支持してきた国で、ウクライナの大義から保守派を疎外すると脅している。 


    引用元:https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1650934741/


    【【悲報】「日本がウクライナに謝罪をさせた」というニュースを海外メディアが一斉に報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2022/03/31(木) 06:39:39.46 ID:f95td3WKM

    xzpg4eD


    61wvJr-BDOL._SX351_BO1,204,203,200_


    引用元:https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1648676379/


    【今月の実話BUNKAタブーはこちら】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    news6011836_50

    1: 風吹けば名無し 2022/04/07(木) 14:26:11.26 ID:1qbaFkw80
    >朝日新聞社は6日、外交や米国・中国を専門分野とする編集委員の峯村健司記者(47)を停職1カ月とする懲戒処分を決めた。
    >編集委員の職も解く。
    >峯村記者はインタビューを担当したダイヤモンド副編集長の携帯電話に「安倍総理がインタビューの中身を心配されている。ゲラ(誌面)を見せてください」
    >「ゴーサインは私が決める」などと語った。

    ヒエッ…



    https://www.asahi.com/articles/DA3S15259004.html
    峯村記者は「安倍氏とは6年ほど前に知人を介して知り合った。取材ではなく、友人の一人として、外交や安全保障について話をしていた。安倍氏への取材をもとに記事を書いたことはない」と説明している。



    https://www.zakzak.co.jp/article/20220407-43YLI5EFVRLQ7N3UVKZI6LJRCY/
    峯村記者は7日、ツイッターで、処分は「恣意的な調査に基づく公平性に欠いたもの」とし、法的措置も示唆した。

    投稿サイト「note(ノート)」では、マレーシア出張を控えた安倍氏から、インタビュー中の核共有の部分について事実確認を依頼されたと説明。安倍氏には外交・安全保障のレクチャーを行っているが、取材対象ではなく、金銭の受領などは一切ないとした。


    引用元:
    https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1649309171/
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1649297465/



    【【悲報】朝日新聞記者さん、安倍ちゃんの依頼で他社の記事に介入… 「ゲラを見せろ。ゴーサインは私が決める」】の続きを読む

    このページのトップヘ