なんJ政治ネタまとめ

政治リテラシーの高いなんJブログやね

    カテゴリ: 立憲民主党

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    EMIFgqJU8AAVWDm

    1: それでも動く名無し 2022/11/09(水) 12:04:37.79 ID:cYV/zYBx0
    残当

    https://news.yahoo.co.jp/articles/44cfaf4a4f0c4961e6b0661019e71664fae75b3b
    学校法人森友学園を巡る財務省公文書改ざん問題で、自殺した同省近畿財務局職員の赤木俊夫さん=当時(54)=を「つるし上げた」などと報道されて名誉を傷つけられたとして、立憲民主党の杉尾秀哉、小西洋之両参院議員が産経新聞社と記事を寄稿した作家の門田隆将氏に計880万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が9日、東京地裁であった。大嶋洋志裁判長は名誉毀損(きそん)を認め、両者に計220万円の賠償を命じた。

     判決によると、産経新聞は2020年10月25日付朝刊で、「杉尾、小西両氏が財務省に乗り込み、約1時間、職員をつるし上げている。当該職員の自殺はその翌日の7日だった」とする門田氏の記事を掲載した。
     大嶋裁判長は「『つるし上げ』という集団的な批判や問責を行うことで自殺に追い込んだと(一般読者に)受け止められる恐れがあり、議員としての社会的評価を低下させた」と指摘した。



    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1667963077/


    【門田と産経に220万円賠償命令! 立憲2議員のつるし上げで赤木さんが自殺に追い込まれた(実際は会ってもいない)ようにミスリードする記事で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20221025-00000034-mai-000-7-view

    2: それでも動く名無し 2022/10/25(火) 14:58:17.72 ID:SIZfDx230
    安倍さん。あなたは、いつの時も、手ごわい論敵でした。いや、私にとっては、仇(かたき)のような政敵でした。

    攻守を代えて、第96代内閣総理大臣に返り咲いたあなたとの主戦場は、本会議場や予算委員会の第一委員室でした。

    少しでも隙を見せれば、容赦なく切りつけられる。張り詰めた緊張感。激しくぶつかり合う言葉と言葉。それは、一対一の「果たし合い」の場でした。激論を交わした場面の数々が、ただ懐かしく思い起こされます。

    残念ながら、再戦を挑むべき相手は、もうこの議場には現れません。

    安倍さん。あなたは議場では「闘う政治家」でしたが、国会を離れ、ひとたびかぶとを脱ぐと、心優しい気遣いの人でもありました。

    それは、忘れもしない、平成24年12月26日のことです。解散総選挙に敗れ敗軍の将となった私は、皇居で、あなたの親任式に、前総理として立ち会いました。

    同じ党内での引き継ぎであれば談笑が絶えないであろう控え室は、勝者と敗者の2人だけが同室となれば、シーンと静まりかえって、気まずい沈黙だけが支配します。その重苦しい雰囲気を最初に変えようとしたのは、安倍さんの方でした。

    あなたは私のすぐ隣に歩み寄り、「お疲れさまでした」と明るい声で話しかけてこられたのです。

    「野田さんは安定感がありましたよ」

    「あの『ねじれ国会』でよく頑張り抜きましたね」

    「自分は5年で返り咲きました。あなたにも、いずれそういう日がやってきますよ」

    温かい言葉を次々と口にしながら、総選挙の敗北に打ちのめされたままの私をひたすらに慰め、励まそうとしてくれるのです。

    その場は、あたかも、傷ついた人を癒やすカウンセリングルームのようでした。

    残念ながら、その時の私には、あなたの優しさを素直に受け止める心の余裕はありませんでした。でも、今なら分かる気がします。安倍さんのあの時の優しさが、どこから注ぎ込まれてきたのかを。

    https://www.fnn.jp/articles/-/435453


    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1666677486/


    【立憲・野田元首相、追悼演説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    maxresdefault

    1: それでも動く名無し 2022/09/21(水) 23:28:44.16 ID:SWxuPqCG0

    2: それでも動く名無し 2022/09/21(水) 23:29:08.77 ID:SWxuPqCG0
    立憲民主党と日本維新の会は21日、来月3日召集予定の臨時国会での「共闘」に合意した。合意内容は、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題をめぐる被害者救済や、臨時国会召集を要求した場合に内閣が20日以内に召集することを義務づける国会法改正案の提出など6項目。部分的とはいえ、野党の第1党と第2党が連携して岸田政権と対峙(たいじ)する環境が整った。

    9bebcnB


    引用元:
    https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1663770524/
    https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1663771911/



    【立憲と維新、来月召集の臨時国会における6項目の共闘に合意!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    FZ9aP-uaUAAEmBm

    1: それでも動く名無し 2022/09/15(木) 17:37:46.69 ID:P5ugNWgYd
    立憲民主党の安住淳国対委員長は14日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)について「適格性に大変な疑念がある。
    (党内は)宗教法人法に基づいて解散の手続きを裁判所に起こすべきだとの意見が大勢だ」と述べ、解散命令請求を政府に求めていく考えを示した。国会内で記者団の質問に答えた。

     宗教法人法は、宗教法人が「法令に違反して、著しく公共の福祉を害すると明らかに認められる行為」などをした場合、文化庁などの請求により、裁判所が解散を命令できると規定。
    これまでに解散命令は、地下鉄サリン事件などを起こしたオウム真理教など2例ある。(2022/09/14-17:46)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/aa3b4efbb387346e428ad880ceba27ebb9f08ef2


    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1663231066/


    【【愛国】立憲民主党「統一教会に解散命令を出すべきだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    220704-5j-KyoitoSenkyoku-5

    1: それでも動く名無し 2022/07/10(日) 20:35:53.10 ID:5NkfZDD30


    引用元:
    https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1657452953/
    https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1657462460/



    【【開票速報】立憲・福山哲郎、京都で生き残る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    maxresdefault

    1: それでも動く名無し 2022/07/09(土) 12:58:22.41 ID:LJkY3yTdd
    泉健太@izmkenta
    元総理の命が失われ、背景や全容はいまだ不明です。
    その状況で、事件と長期政権など何かを不用意に関連付けるべきではない。党としても注意いたしました。
    どんな背景であろうが、テロは是認されないのです。


    代表直々に怒られた模様


    https://mainichi.jp/articles/20220708/k00/00m/010/403000c
    立憲民主党の小沢一郎衆院議員は8日、岩手県奥州市で行われた参院選の応援演説で、同日、安倍晋三元首相が銃撃され死亡した事件に触れ「端的に言えば、自民党の長期政権が招いた事件と言わざるを得ない」と述べた。小沢氏は演説後、記者団に発言の真意を問われ「社会が安定して良い政治が行われていれば、こんな過激な事件は起きない。自民党がおごり高ぶり、勝手なことをやった結果だ」と語った。

    小沢氏は演説で安倍元首相の訃報に触れ、「私は彼のおやじさんの安倍晋太郎さんからの付き合いですから、大変残念で心からお悔やみ申し上げます」と発言。その上で「自民党の長期政権、長い権力が日本の社会をゆがめ、格差が拡大し、国民の政治不信を招き、その中から過激な者が暗殺に走った。社会が不安定になると、このような血なまぐさい事件が起きる」と持論を展開した。


    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1657339102/


    【小沢一郎、泉代表に怒られる】の続きを読む

    このページのトップヘ