なんJ政治ネタまとめ

政治リテラシーの高いなんJブログやね

    タグ:れいわ新選組

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    616

    1: それでも動く名無し 警備員[Lv.21(前9)][苗] 2024/05/08(水) 17:56:28.56 ID:hJgDmV8x0
    大石あきこ(れいわ新選組)Akiko Oishi
    @oishiakiko
    5月6日
    イスラエルはラファへの空爆をやめろ。
    日本政府はイスラエルのジェノサイドに加担するな。
    私たちは、こんな狂った世界を容認してはいけない。


    617

    2: それでも動く名無し 警備員[Lv.21(前9)][苗] 2024/05/08(水) 17:57:20.73 ID:hJgDmV8x0
    Tsukasa Shirakawa(白川司)
    @lingualandjp
    イスラエル軍が多くの民間人を犠牲にしている点は責められるべきだが、国会議員が「ジェノサイド」などという言葉を安易に使うべきではない。あと、ジェノサイドに荷担するなというなら、ウイグル人の人権蹂躙をやっている中国を、今後は一切擁護しないでいただきたい。

    ハマスはハマスで「イスラエル人抹殺」を目標にしており、片方だけを悪と決めつけるのは偏っている。中東なんて関心を持っていないくせに、報道しはじめとたんに正義の味方ぶる政治家はこれだから困る。


    618

    https://twitter.com/lingualandjp/status/1787662042243178593


    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1715158588/


    【れいわ議員「イスラエルはジェノサイドやめろ」自民議員「ウイグルはいいのかウイグルは」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    aea7903d-s

    50: 名無しさん@おーぷん 24/04/28(日) 20:04:01 ID:sYkr
    須藤2位?

    K10014435881_2404281945_0428195630_01_02


    引用元:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1714301835/


    【【開票速報】東京15区出口調査、須藤元気が2位】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    525

    1: それでも動く名無し 2024/03/18(月) 00:08:41.17 ID:qYDSKzZi0
    すごい。立憲・維新・れいわの三大野党になりつつある

    朝日新聞世論調査

    2024/3/16-17 

    自民22
    立憲6
    維新4
    公明3
    共産3
    国民1
    れ新4
    なし56

    https://www.asahi.com/articles/ASS4646R4S46UGTB001M.html


    引用元:
    https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1710688121/
    https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1710896614/




    【れいわ新選組の政党支持率、朝日世論調査では維新に並んでいた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    451

    1: それでも動く名無し 2024/03/17(日) 11:02:09.43 ID:V0EE5fVS0
    首相、老害発言「極めて不適切」 成田悠輔氏巡り
    https://nordot.app/1141338079713444084


    https://news.yahoo.co.jp/articles/745b73a087345b9a9d73adf527f8229896c4db78
     過去に高齢者の人権を軽視するような発言をしたことが問題視されている経済学者の成田悠輔氏(39)が、農水省や財務省の広報活動に起用されていたことが分かった。れいわ新選組代表の山本太郎参院議員が15日の参院予算委員会で指摘し、岸田文雄首相の認識をただした。

     成田氏はかつて「高齢者は老害化する前に集団自決すればいい」などと発言したとして、SNSなどで批判を受けている。こうした声を踏まえ、キリンビールは、3月から成田氏を起用した缶酎ハイ「氷結無糖」の広告を、削除した。

     山本氏はこの経緯に触れた上で「民間ではない、政府がこのような考えを持つ者をありがたがって仕事を与えている。政府と仕事をしているという実績をつくっていることが問題だ」とした上で、昨年末に農水省が成田氏を広報番組に起用し、ネット番組が配信されたと指摘。「農業従事者の7割は65歳以上の高齢者。この7割の方を切り捨てたとしたら日本の農業は終わりです。農水省の人選大丈夫ですか?」と述べた。

     また、財務省の広報誌「ファイナンス」の昨年7月号の記事に成田氏が登場し、主計局や主税局の課長と対談したとも述べ「(起用は)彼が発言する前ではない。『高齢者は集団自決』の発言後だ」とし、「起用は適切ではなかったと認めてほしい」と、岸田首相に対応を求めた。

     岸田首相は「これらの発言をこの方がされたかどうか、農水省などが起用した経緯を承知していない」としながらも「先ほどの発言は不適切だと強く感じる」と述べ、発言内容を今後確認すると応じた。

     山本氏は、成田氏の発言について「謝罪や撤回はない。場所や場面で言い訳を変えたりするポジショントークの芸人と考えれば、制作側の判断で使う分にはいいかもしれないが、いっときもで政府や省庁の顔に使うのは、さすがにまずいのではないか」と追及。「起用が不適切と認めないなら、農水省や財務省が成田氏のような人減らしを前に進めようとしているという、勘違いを与えかねない。起用は不適切だったと確実に認めてもらわないといけない事案だ」と訴えた。

     「今後このような人選がなされないよう、総理が省庁にご指導をいただきたい」と見解を求められた岸田首相は「言うまでもなく、広報活動の人選などはより慎重でないといけない。今後ともも慎重に検討すべき課題と考える」と答えた。


    引用元:
    https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1710640929/
    https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1710560026/




    【山本太郎「成田悠輔を農水省や財務省が広報活動に起用してるのは不適切やろ」岸田首相「(成田氏の発言は)不適切だと強く感じる。人選は慎重でないといけない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Fcc2ohkagAAOYWs

    1: それでも動く名無し 2024/03/14(木) 01:55:36.99 ID:vs3lxaAY0
    元TBS記者、逆転敗訴 大石議員投稿で賠償認めず
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/315007?rct=national

     れいわ新選組共同代表の大石晃子衆院議員にツイッター(現在のX)で「クソ野郎」と投稿され名誉を傷つけられたとして、元TBS記者山口敬之さんが880万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は13日、22万円の支払いなどを命じた一審判決を取り消し、山口さんの請求を棄却した。相沢真木裁判長はクソ野郎との表現が「直ちに人身攻撃となり、意見や論評の域を逸脱したとは断じられない」と判断した。


    184439

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d5e1a03060af420f78b515f1a2581f65a80e9f4d
     山口氏側は、2019年12月19日に大石氏がつぶやいた「伊藤詩織さんに対して計画的な強姦を行った」「1億円超のスラップ訴訟を伊藤さんに仕掛けた、とことんまで人を暴力で屈服させようとする思い上がったクソ野郎」などのツイートが、名誉毀損にあたるとしていた。一方、大石氏側は「事実に誤りがない限り、論評は自由。いずれのツイートも公正な論評である」として、請求棄却を求めていた。

     2023年7月の一審判決では「2つの記事について、1件は真実で不法行為とならない」としながらも「思い上がったクソ野郎」としたツイートは「人身攻撃に及んでおり違法で、名誉毀損が成立する」として、大石氏にツイートの一部削除と22万円の支払いを命令。双方が判決を不服として控訴していた。

     判決では「クソ」という言葉が直ちに人糞を意味するとは解されず「クソじじい」や「クソまじめ」、「クソ忙しい」などとののしりや強調の意味で用いられるとして「『クソ野郎』という表現は、いさささか品性に欠けるきらいがあるものの、他人に対する最大限の侮蔑表現であるのかは、疑問を差しはさまざるを得ない」とした。

     さらに「『クソ野郎』との表現部分を含む記載部分については公共性及び公益目的が認められ、前提となる事実について真実であることの証明があり、意見ないし論評としての域を逸脱したとはいえないことにも照らすと、『クソ野郎』との表現が社会通念上許される限度を超える侮辱行為に当たるまでとはいえない」とした。

     大石氏は判決後、佃克彦弁護士と国会内で会見し「完全勝利となりました。2つのツイートが、適法な公正な論評であったことが高裁によって認められた。裁判所が、この論評には合理的があるよねっていうことを言っているのは、非常に画期的」と笑顔で報告した。

     佃氏は「バランス感覚がある、表現の自由に配慮してくれた判決。クソ野郎が言い過ぎかどうかということが、ひとつ重大な論点になった。クソ野郎という4文字を見てもしょうがなく、何についてクソ野郎と言ったのかということが検討されなければいけない。違法性がないという判断になり、非常に的確に事案の中身を見て判断してくれた判決」と評価した。

     大石氏は「クソ野郎っていう表現が、誰に対しても言っていいわけではない。伊藤詩織さんに対し、性加害を行ったっていうことに対して、その伊藤さんに1億円を超えるスラップ訴訟を提起しかけたことに対してクソ野郎と強い言葉で非難したのであって、一般の方を捕まえてクソ野郎と言ったわけではない」と真意を説明した。


    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1710348936/


    【【悲報】山口氏「れいわの大石あきこに"計画的に強姦を行った上にスラップ訴訟を仕掛けたクソ野郎"と罵倒されたので訴えます」→逆転敗訴wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    FKrWKHWaQAErOrw

    1: それでも動く名無し 2024/01/31(水) 16:21:14.99
    橋下氏への名誉毀損認めず、大阪地裁 れいわ大石氏の記事巡り

    2: それでも動く名無し 2024/01/31(水) 16:21:42.86
     日本維新の会を創設した橋下徹・元大阪府知事が、「日刊ゲンダイデジタル」のれいわ新選組・大石晃子共同代表(衆院議員)に対するインタビュー記事で名誉を毀損(きそん)されたとして、運営する日刊現代(東京)と大石氏に計300万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁は31日、請求を棄却した。

     訴状によると、日刊ゲンダイデジタルは2021年12月、政治家時代の橋下氏の報道対応について大石氏が「気に入らないマスコミをしばき、気に入らない記者は袋だたきにする」「あめとムチでマスコミをDV(ドメスティックバイオレンス)して服従させていた」と話すインタビュー記事を掲載。橋下氏の社会的評価を著しく低下させたとしている。橋下氏は15年に政界を引退し、現在は弁護士やコメンテーターとして活動しており、「マスコミによる取材活動の自由は可能な限り保障されるべきだという主義信条を持っており、そうしたイメージが損なわれた」とも訴えていた。

     大石氏側は橋下氏の実際の言動を踏まえた発言であり、真実に基づいたものだと反論。「橋下氏が公職にあった時代の言動は検証の対象であり、不法行為が成立する余地はない」などとして請求の棄却を求めていた。23年10月に大阪地裁で開かれた尋問では「橋下さんが報道の自由を大事にしているのなら、裁判を起こすこと自体、矛盾している」と主張していた。

     大石氏は元府職員。職員時代の08年、給与削減など公務員改革を進めようとする当時の橋下知事に対し、「あなたは労働者をバラバラにするようなことばかり言っている」と面前で抗議したことで知られる。【安元久美子】

    毎日新聞 2024/1/31 14:04(最終更新 1/31 14:04) 676文字
    https://mainichi.jp/articles/20240130/k00/00m/040/311000c


    31日の判決で大阪地裁は「当時公職であった原告(橋下元知事)に対する(大石議員の)発言の事実は、重要部分において真実であり、意見ないし論評の域を超えず、不法行為は成立しない」として、橋下元知事の訴えを棄却しました。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bd677d832168cb2609bad004e97b8ff7b6ae694e


    20240131-00010000-asahibc-000-9-view


    引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1706685674/


    【【悲報】橋下徹さん「れいわの大石晃子に名誉棄損された!提訴する!」 →裁判所「重要部分において真実だから棄却」】の続きを読む

    このページのトップヘ