なんJ政治ネタまとめ

政治リテラシーの高いなんJブログやね

    タグ:フジテレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    o0592031014336832086

    1: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 11:58:55.74 ID:UsPD3Vqba
    尾崎会長が特措法の改正に言及したことにフジテレビ平井文夫上席解説委員は
    「僕も特措法の改正には賛成ですが」と明かした上で「実は5か月前、
    3月の頭に安倍政権が特措法を最初に改正しました。その時に尾崎さんが言っている、
    法的拘束力のある休業要請を安倍政権は盛り込もうとしたんですが、
    野党は反対し公明党も反対し自民党内からも反対が出てメディアもほぼ反対、
    つまり主権の制限は憲法違反であると反対したんで、やめちゃったんです」と解説した。

     その上で「だから、この尾崎さんも、その時に言えば良かったんです
    。5か月前の時に、入れてくださいと言えば良かった」と指摘し
    「安倍政権もいまだに入れたいと思っているんですけど、立憲民主も国民も朝日新聞も権利
    の制限に賛成しますとは言わないんです。だから法律を出すのはいいんだけど出してみたら総論賛成、
    各論反対みたいなことになって、いつまでもまとまらないんです。
    結局、最終的に国会開いてみたら野党から文句ばかり言われたあげく、骨抜きの法律ができるのが嫌だから出さないんで、
    今、言った人たちが賛成と言えば多分、安倍さんは国会開くと思います」と明かしていた。
    https://hochi.news/articles/20200731-OHT1T50101.html


    引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1596337135/


    【【正論】フジ平井文夫「野党、国民、朝日新聞のせいで安倍さんが国会を開けない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    img_628e77cec9e3f12e47adc9626cd840ca65859

    1: 風吹けば名無し 2020/07/15(水) 21:23:05.84 ID:KPjeehE8M
    坂上忍とフジテレビ平井文夫上席解説委員が「GoToキャンペーン」を巡り緊迫の議論…「行かない人が余計な口出さないでくれ」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/81fdf918429f0d6525cf5332eaf1b7809af7cde8

    夏休みに旅行に行くかどうかも自分一人で決められないのか
    平井文夫
    2020年7月15日 水曜 午後6:00

    あ、また日本的な風景だ
    「GoToキャンペーン」についてガタガタ文句言ってる人が多いのを見て「あ、また日本的な風景だ」と思った。

    このキャンペーンは新型コロナで疲弊どころか壊滅状態にある観光業を救うために税金1兆7千億円を使って国民に旅行に行ってもらおうという計画。
    自粛にうんざりしていた国民にとっても夏休みに一気に憂さを晴らせる機会なのだ。

    ただ感染の再拡大で「行ってもいいのか」「受け入れてもいいのか」と双方が疑心暗鬼になっている。

    旅行に行くかどうかかくらい自分で決めなよ
    個人的な意見を言わせてもらうと、いい大人なんだから、行きたい人はルールやマナーを守り、リスクも取って行けばいい。怖い人は行かない。
    受け入れる方は、感染防止対策をして、リスクを取って受け入れればいい。怖い人は受け入れない。それだけのことではないのか。

    だがどうやら日本人はそれではダメらしい。行っていいのか悪いのか、呼んでいいのか悪いのか、誰かに決めてほしいのだ。たぶん安倍首相に。

    でもそんなこと決めるリーダーは世界にいない。そんなことしたら専制君主だ。
    民主国家ではない。民主国家ではそういうことは自分で決めるのだ。

    でもたぶん日本人は自分でGoToキャンペーンに参加するかどうか決められない、誰かに決めてほしいと思っている甘ったれなのだ。

    新型コロナで観光業が受けている被害は飲食業の比ではない。感染症が流行しても人々は飲み食いはするが、観光はしない。
    特に外国人観光客がまさに「一人も」入ってこないという状況は観光業にとっては悪夢だ。

    我々は日常に戻らなければいけない
    政府は先週からイベントなどの開催を緩和し、プロ野球やJリーグが観客入りの試合を始めた。
    芝居やコンサートも始まった。しかしさっそく劇場でクラスターが起き、主催者側の甘い対応に批判が集まっている。

    だが我々はそろそろ日常に戻らねばならない。コロナと共に。70代80代の重症化の可能性が高い人たちは慎重になるべきだが、若者はいつまでも家にいてはいけない。
    マスクと手洗いとうがいをちゃんとして、3密を避けて(これらができてない人たちが意外に多いが)、我々は日常に戻らなければいけないのだ。

    【執筆:フジテレビ 解説委員 平井文夫】
    https://www.fnn.jp/articles/-/63101


    引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1594815785/


    【【正論】フジ平井解説委員「GoToを使うも使わないも自己責任。行かないやつが余計な口出しするな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2020/06/19(金) 12:22:47.79 ID:mIzTEBDsd

    LUr0Ana

    abf7Gmr

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bc1f09997c5db1b373ae38c756c8f20d1e299b24
    フジテレビと産経新聞は19日、FNN(フジニュースネットワーク)と産経新聞が合同で行う世論調査において、調査業務契約先による一部データの不正入力があったと発表した。

     同社によると、データの不正入力を行っていたのは、調査業務委託先の「株式会社アダムスコミュニケーション」が業務の一部を再委託していた「日本テレネット」のコールセンター現場責任者。FNN・産経新聞合同世論調査は、電話による質問に対する回答を集計する形で行うが、問題のデータ不正入力は実際には電話していないにも関わらず、架空の快投を入力する形で、2019年5月から2020年5月まで、計4回の実施分で行われた。期間中、調査1回約1000サンプルにつき、100数十サンプルの不正が見つかり、14回の不正の合計は約2500サンプルあったという。

     これを受け、フジテレビは問題の期間の予想調査結果および関連放送は取り消し、産経新聞は世論調査14回分の記事をすべて削除するとし、「視聴者・読者・関係者のみなさまの信頼を裏切ったことを、心よりお詫び申しあげます」と謝罪した。

     フジテレビは「今回、委託先からの不正なデータをチェックせず、謝った情報を放送してしまった責任を痛感しております。今後、継続して調査・検証を行い、その結果に沿って、然るべき処理を行ってまいります」とコメントを発表。産経新聞も「報道機関の重要な役割である世論調査の報道で、読者の皆さまに誤った情報をお届けしたことを深くおわび申し上げます」と謝罪した。

     この日、午前11時半からの「FNN Live News days」で冒頭、キャスターの島田彩夏アナウンサー(46)が説明し、謝罪した。


    引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1592536967/


    【FNN・産経の世論調査、インチキでしたwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ