なんJ政治ネタまとめ

政治リテラシーの高いなんJブログやね

    タグ:世襲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5UfauEU9pBsYdWY1600259323

    1: 風吹けば名無し 2020/09/15(火) 19:37:46.50 ID:hQjXV9eT0
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020091500136
    麻生派の河野太郎防衛相(57)は総務相で調整。岸信夫元外務副大臣(61)の防衛相起用が取り沙汰されている。

    o211427941276006433406

    【【朗報】防衛大臣に安倍ちゃんの弟、岸信夫】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    26303181_160484744724124_1857210941884596224_n

    1: 風吹けば名無し 2020/08/13(木) 08:11:47.62 ID:wQBqZZGqa
     元首相の孫で、現職参院議員の父を持つ衆院1回生の中曽根康隆氏(36)は、政治家一族の中で育った「プリンス」が抱える特有の苦悩を語る。

    決して世襲議員ではないのですが……

    ――中曽根さんは衆院選に出る前、衆院群馬1区の党公認候補者選考で現職議員と争って敗れるという事態に直面しました。

    その後、無所属での出馬を模索しながらも、昨年の衆院選の公示直前に選挙区での立候補を諦め、自民党の比例単独候補になる道を選びました。

    私は出馬前から中曽根さんの取材を続けてきましたが、あの頃、「総理を出した家の人間を無所属で出馬させることは許されない、という暗黙のルールが自民党にはあるんだ」と、複数の党関係者から聞かされました。 戦いたくても戦えない、プリンスならではの苦悩があったのでしょうか。

    ■中曽根 私の場合は、祖父はとっくに引退していて、父は参院議員なので、衆院選に出ようとした私は決して世襲議員ではないのですが、それでも周りからは「世襲」と思われています。
    私がそういう歴史やしがらみと戦った末に、今、バッジを付けている――とわかってくれている人は、ほんの一部しかおりません。

    以下ソース
    https://bunshun.jp/articles/-/9254?page=3


    引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1597273907/


    【中曽根康弘の孫「父親は参院議員で私は衆院議員なのに世襲扱いされて辛い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2020/04/10(金) 21:40:52.57 ID:amGaS2qc0

    GAkZ7Ih


    引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1586522452/


    【麻生太郎のじいちゃん、麻生太郎だった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    https___imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO4970116011092019PP8001-PN1-2

    1: 風吹けば名無し 2019/09/11(水) 04:08:18.66 ID:b6jLt/Fy0
    小泉進次郎氏が若者に訴えた 「もう人口減少、嘆くのやめませんか」

    また小泉氏は、東北復興や22世紀の日本についても議論を展開。日本の抱える課題である人口減少についても「もう人口減少を嘆くのを止めませんか?」と語った。

    「人口が減ったって、やっていけるという自信が大切。将来に悲観する1億2000万人より将来に自信と楽観を持つ6000万人のほうが強い。いつか人口が下げ止まるときがきて、そこから力強い成長がある。人口減少を強みに変えよう」などと大きな展望を語った。
    https://img.huffingtonpost.com/asset/5c63d62a2400007002a28278.jpeg
    https://www.huffingtonpost.jp/2016/10/09/shinjiro-koizumi-youngvoice-2016_n_12420990.html


    引用元:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1568142498/


    【小泉進次郎「少子高齢化による人口減少で嘆くのはやめよう。少ない人数で頑張れ」ジジババ「うおお!」】の続きを読む

    このページのトップヘ