なんJ政治ネタまとめ

政治リテラシーの高いなんJブログやね

    タグ:愛岐カントリークラブ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    575

    1: 名無しさん@おーぷん 23/10/29(日) 22:36:27 ID:8Io4
    ネトウヨwwwwwwwwwwwwww

    2: 名無しさん@おーぷん 23/10/29(日) 22:37:30 ID:8Io4
    元外国籍理由に入会拒否、高裁「人種差別」 ゴルフクラブに賠償命令


     元外国籍を理由にゴルフクラブへの入会を拒むのは法的に許されるのか。この点が争われた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁は27日、入会拒否は「憲法や国際条約に違反し、人種差別に当たる」との判断を示した。片田信宏裁判長は原告敗訴とした一審・津地裁四日市支部判決を変更し、クラブ側に慰謝料など計77万円を原告側に支払うよう命じた。

     原告は三重県桑名市の40代男性。男性は在日韓国人3世で、2018年に日本国籍を取得。22年に元韓国籍を理由に、愛岐カントリークラブ(岐阜県可児市)から入会を拒否され、精神的苦痛を被ったとして330万円の損害賠償を求めて提訴していた。

     判決はまず、入会拒否の適否について「法の下の平等」を定めた憲法14条や日本も締結する人種差別撤廃条約の規定などと、憲法21条で保障した結社の自由とが適切に調整されているかという視点で考えるべきだとの判断枠組みを判示。同クラブの団体としての性格を検討した。

     今年4月の一審判決は、ゴルフについて「社会生活を営むに当たって必要不可欠とはいえない」と指摘し、同クラブを「私的な団体」と位置づけた。その上で構成員の選択はクラブの裁量に委ねられているとして原告の請求を退けていた。

     だが、高裁は同クラブは会員が約1500人に及ぶことや「ゴルフが一般的なレジャーの一つとなっている」と指摘。同クラブは「社会性を持った団体」とし、構成員選択の裁量権には「一定の限界が存在する」と判断。選択の基準が社会的に許容し得るものかどうかを考慮する必要があるとの見方を示した。

    9


    引用元:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1698586587/


    【岐阜のゴルフ場「うちは原則日本人以外入会お断り。帰化在日も拒否!」 →訴えられ逆転敗訴 「人種差別」と認定される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    si_1cbd7da11f4084dc5d50d830dc1d6c1d657f073e

    1: 風吹けば名無し 2022/05/19(木) 06:15:43.65 ID:qRTmqV/H0
    ゴルフクラブ入会拒否、元韓国籍男性が提訴「出自が理由の不当差別」


    元韓国籍の出自を理由にゴルフクラブから入会を断られ、精神的な損害を被ったとして、三重県桑名市の40代男性が17日、岐阜県可児市の「愛岐カントリークラブ」を相手取り、慰謝料など330万円を求める訴訟を津地裁四日市支部に起こした。

    男性は3世の在日韓国人だったが、2018年に日本国籍を取得した。訴状によると、男性は今年2月、戸籍謄本などを添えて同クラブに入会を申し込んだが、クラブは元外国籍であることを理由に入会を拒否。その際、「外国人の会員数を制限する枠を設けており、日本国籍を取得した人も制限の対象にしている」などと説明したという。

     男性側は、出自を理由とした不当な差別で、法の下の平等を定める憲法14条の趣旨に反する不法行為だと主張し、クラブに慰謝料の支払いなどを求めている。



    引用元: https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1652908543/


    【ゴルフクラブ「帰化して日本国籍だろうが元外国籍なら入会お断りな」】の続きを読む

    このページのトップヘ