なんJ政治ネタまとめ

政治リテラシーの高いなんJブログやね

    タグ:高須院長

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    dcmaxs00611404

    1: ちーん 2021/05/03(月) 02:57:34.89 ID:qzw8tOMQd
    愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る不正署名事件で、活動団体事務局長の田中孝博・元愛知県議(59)が、名古屋市内の広告関連会社が佐賀市内で実施したアルバイトによる大量の署名の書き写し作業について、自身が「依頼した」と本紙取材に明らかにした。公の場ではこれまで、一貫して否定か「答えられない」と話してきた。違法性の認識は「無かった」と説明したが、不自然さが目立つ。

    田中氏は依頼した理由について「予定通り署名が集まっておらず、焦っていた」と語った。また、活動団体会長で美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が会員制交流サイト(SNS)などで署名集めの順調さを発信していたことなどから「恥をかかせるわけにはいかなかった」という。...

    2021年5月3日 02時00分 (5月3日 02時00分更新)
    https://www.chunichi.co.jp/article/247479


    引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1619978254/


    【【リコール不正署名】田中孝博事務局長、バイト依頼をついに認める 「高須さんに恥をかかせるわけにはいかなかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    CyliifmUkAALqX-

    1: 風吹けば名無し 2021/04/26(月) 06:32:53.51 ID:+Doy30QG0
    高須院長「絶交します」 名古屋市長選の河村氏の当確受け
    https://www.tokyo-np.co.jp/amp/article/100485

    大村秀章愛知県知事のリコール活動団体会長で、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は河村たかし氏の名古屋市長選の当選について「まあ良かったです、とは思うが、義理で市長選が終わるまで我慢していた。リコールをしようと言い出したのは河村さんなのに、私が言い出したとうそをついたことは許せない。いざという時に逃げる人とは今日をもって友達をやめて、絶交します」と話した。

    団体事務局長の田中孝博・元愛知県議は「ホッとしている。不正署名問題が原因で河村氏が落選したら、事務局長として心苦しかった」と話す。ただ「残念な気持ちもある。私が問題を起こした犯人だと断定するような発言を公の場でしていたことについては、市長としての資質を疑っている。このような言動が続けば、河村氏のリコールを求める市民が現れる可能性もあるのではないか」と語った。

    20210426-00000017-jnn-000-1-thumb


    引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1619386373/


    【【悲報】高須克弥さん、当選した河村市長と絶交してしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2021030214112428f

    1: 風吹けば名無し 2021/04/16(金) 03:59:13.46 ID:HTbN1B3X0
    https://www.chunichi.co.jp/article/237341 
    【独自】事務局幹部「偽造署名に関与」 リコール不正「事務局長が指示」 

    愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る不正署名事件で、リコール活動団体の事務局幹部だった山田豪(たけし)・常滑市議(52)が本紙の単独インタビューに「偽造署名に深く関与した」と認めた。
    「田中孝博事務局長の指示で昨年十月末~十一月上旬、名古屋市内で同一筆跡の大量の署名簿に自ら指印を押した」と明らかにした。
    山田氏は十五日、一連の問題の責任を取って議員辞職した。


    引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1618513153/


    【【悲報】元維新の会議員さん、署名偽造関与を認めてしまう… 「田中孝博事務局長の指示」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    AS20210202000259_comm

    1: ち-ん ◆SwOvDWxHcc 2021/03/02(火) 09:46:56.58 ID:1DAkvgomd
    大村愛知県知事に対するリコール署名の偽造問題。最新情報をまとめました。

     「明確に何の関係もありません。こんな貧乏ったらしいこと、するわけがない」 (高須克弥氏)

     大村知事のリコール活動で浮上した署名偽造問題。会見で不正への関与を強く否定したリコール運動の代表者、医師の高須克弥氏。1日、
    電話インタビューでリコール運動を始めた経緯について改めてこう話しました。

     (Q:河村市長の勧めがなかったらリコール活動はしなかった?)
     「もちろんです。知りませんもん。リコールって」

     高須氏と河村市長を巡っては、リコールを始めたのがお互い相手だと主張し意見の食い違いがあるといわれてきましたが…

     「(河村市長とは本日も)5回くらい話した。全然、意見の相違はない」 (高須氏)

     「(活動表明の会見に)市長がおいでにならないから『市長はどうなさったんですか』と聞くと、『来られない』。『え、僕が代表ですか?』と言ったら、
    『そういうことになるかな』と」 (高須氏)

     「(周囲は)全員『高須先生は、はめられた』と言っている。市長にもそのように言ったら『それは悪かった』と」 (高須氏)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4749a012ec9d73453d7d63e886d5a04e4161a210


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1614646016/


    【【悲報】高須克弥さん「河村市長の勧めがなかったらリコールなんかしなかった。知りませんもん。リコールって」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    みんな言っているよ黒板

    1: ち-ん ◆SwOvDWxHcc 2021/02/28(日) 09:28:19.63 ID:p7p+TDCQd
     昨年(2020年)8月下旬から11月にかけて行われた愛知県知事リコール署名活動について、
    現時点で様々な不正の疑いが噴出しており、刑事事件として捜査されていることは既報のとおりである。

     愛知県知事リコール署名活動は、「高須クリニック」の高須克弥氏を筆頭とし、
    河村たかし名古屋市長の他、保守界隈やネット右翼界隈から多大な応援を受けたもので
    「あいちトリエンナーレ2019 表現の不自由展」における昭和天皇の写真の焼却について
    「日本と日本国民の心を傷つけた」などという主張を苗床としたのがリコール署名の眼目である。

     私は昨年の署名運動が沸き起こった時、その主張が保守界隈やネット右翼界隈の主張の外側に浸潤しえない
    極端にイデオロギー的なものであると捉えたので、署名によって集まる署名数は、
    愛知県の有権者(約613万人)の2%程度である10万筆~12万筆程度であると予想していた。

     この2%という推計は、私が永年、保守界隈やネット右翼界隈を取材・研究した結果、
    彼らの総数が日本全国に於いて有権者(全国の有権者は約1億人)の2%である、との試算をそのまま愛知県に援用したものである。

     ところが、2020年11月の署名終了の際、集まった筆数は約43万5000筆であった。
    これは愛知県の前述有権者に対して約7%強であり、私の事前の予想よりも3.5倍以上多い結果である。
    リコール成立(住民投票発起)には約86万筆が必要であったが、この半分にしか到達しえずリコールが失敗したとはいえ、
    43万5000筆という数字は私にとって極めて衝撃的であり、私は昨年の11月の段階で今次署名運動について用意していた原稿を全て撤回せざるを得なくなったのである。

     当然この時、集まった署名に不正があるとは夢にも思わなかったからであるが、
    2021年に入って約83.2%に不正があったことが明らかになり、すわ刑事事件化した。
    つまりは真正の署名筆は435,000-362,000=73,000筆あまりで、これは愛知県の有権者に対して約1.2%に過ぎない。

     よって私が昨年の今次リコールで事前に予想した10万筆~12万筆(2%説)はやはり正しかったと言えよう。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20210227-00224892/


    引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1614472099/


    【保守「あいちトリエンナーレに日本国民は怒ってる!」→愛知県民の1.2%しか大村リコールに署名せず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    maxresdefault (1)

    1: ち-ん ◆SwOvDWxHcc 2021/02/28(日) 15:30:49.62 ID:piviFHSG0
    大村秀章愛知県知事(60)リコール運動問題。高須クリニックの高須克弥院長(76)と河村たかし名古屋市長(72)が中心となって始めたリコール運動だったが、提出された署名約43万5000人分のうち、80%以上の約36万人分が無効と判断された。しかも偽造されたとされる署名の一部が佐賀県で作成され、愛知県に持ち込まれたという。

    どうしてこんなことになったのか。高須院長は2021年2月26日にネット番組に出演し、リコール運動についての様々な裏話を語った。自分は偽造には全く関与してないどころか検察に告発したのは自分である。投票は「買収」もOKなため、「買収した方が簡単だった。大勝利してますよ」などと語った。
     

    「大村知事からお金が振り込まれた」と騒ぐ人も

    2: ち-ん ◆SwOvDWxHcc 2021/02/28(日) 15:31:11.35 ID:piviFHSG0
    高須院長が出演したのは文化人放送局の「渡邉哲也show」。まず、ゴタゴタは呉越同舟したのが始まりで、それが裏目になった、と語った。呉越同舟というのは、本来は敵同士の右派、左派も全部スタッフとして受け入れたこと。愛知県民の名誉と誇りのために立ち上がった以上、民主的に県民が一丸となって戦うことが必要だと思った。

    その「統合」の象徴は自分、全て自分が責任を持つ、と宣言した。その結果、統合の象徴である自分に対し、「あの人はスパイだよ」というスタッフ間のチクリが大量に来るようになった。大村知事からお金が振り込まれた、と騒ぐ人もいた。気が付くと、

    「全員がスパイになった(スパイ認定された)ということになってしまった」
    しかし、この活動のゴールは大村知事のリコール。こうしたことは相手にせず、とにかく全員一丸になりゴールに向かって進もうとやってきた。
     
    リコールは「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」の展示に怒りを覚え始めたもの。昭和天皇の写真を燃やし靴で踏みにじる動画、英霊・特攻隊・日本兵士を侮辱する「間抜けな日本人の墓」オブジェは許すことができない。それに公金を使い応援した大村知事は辞めていただこう、となった。
     

    3: ち-ん ◆SwOvDWxHcc 2021/02/28(日) 15:31:16.08 ID:piviFHSG0
    「運動から身を引いたら『これ』が起こった」

     
    高須院長は2020年11月6日、自身のツイッターで「もう動けない」と体調悪化を報告。リコール運動の「継続断念」を宣言した。リコール団体から身を引き、がんの治療に専念する。10月25日までに64地区で集まった署名は約43万5000。リコールに必要な署名数86万6000筆の半数ほどに留まった。このまま最後まで続けていても達成は不可能。高須院長は「無効票は40%あるのではないか」と感じていた。リコール署名の場合は署名者の住所、氏名など完璧に書かれていなければならない。例えば戸籍上「渡邊」という名字を略字で「渡辺」と書いたら無効になる。こうしたことから署名全体の30%は無効になるのが通常、と調べていたからだ。

    高須院長は、
    「リコール運動から身を引いたら『これ』が起こった」
    とした。
     

    「運動を継続している人は、間違いなくスパイ」

     
    「これ」というのは、なぜかリコール運動が継続して行われたこと。トップの自分が「中止」を宣言し療養に入り、参謀も抜けたわけだから組織は終了、運動も終了だ。しかし、自分の顔の入ったポスターや幟、署名用紙が使われ、活動は続いた。

    「僕の顔を使うな。使うのは許さん」
    と言っても無駄だった。そんな彼らを高須院長は「反乱軍」と言った。

    なぜリコール運動は続いたのか。

    「敗戦を確定しようとして動く人がいる。負けを特定させるためだけにやっているのではないか。運動を継続している人は、間違いなくスパイだと思っているんですけどね」

    負けが確定されれば「2ラウンド」はブレーキがかかる。高須院長は今回を「1ラウンド」と位置づけ、療養後に別組織を作り仕切り直しを行い「2ラウンド」を計画していた。つまり、今回で負けを確定させ、二度とリコール運動をさせないための動きなのではないか、というのだ。
    《後編に続く》

    (この記事は2021年2月26日放送の文化人放送局「渡邉哲也show」を元に書かれています)

    https://nnjnews.net/?p=1906



    不思議なことがあった。運動している最中に、「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督だった津田大介さん(47)が、「(署名に)怪しげなものが含まれている」と言ったこと。大村知事が「私の報告と(署名の数が)全然違う」と言ったことだ。リコール運動の内情を知らないはずの2人がなぜこんな発言ができるのか。外部に情報が洩れているのは確か。こうした一連の騒動について、高須院長は、

    「真っ黒なのは参謀本部の事務局長」

    だ、とした。

    選管に提出した署名約43万5000人分のうち、80%以上の約36万人分が無効と判断された。しかもその無効票の一部が佐賀県で作成され愛知県に持ち込まれたというのだ。そしてメディアは不正に高須院長が関与しているとしか思えないような報道を繰り返している。

    https://nnjnews.net/?p=1911


    引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1614493849/


    【【悲報】高須克弥「スタッフ全員がスパイになった」「真っ黒なのは参謀本部の事務局長」】の続きを読む

    このページのトップヘ