img_ad18ba0b52c24bd81fba06c6ea8be617300815

1: それでも動く名無し 2024/02/23(金) 06:03:11.24 ID:g7BYR/un0
産経新聞に論破されてて草

6: それでも動く名無し 2024/02/23(金) 06:07:15.44 ID:g7BYR/un0

22日午前の東京株式市場で日経平均株価が平成元(1989)年12月の史上最高値(終値ベース)を一時、更新した。だが、バブル景気に沸いた34年前のような好景気の実感はない。人口増と内需拡大への期待から国内で幅広く循環したマネーは、少子高齢化と企業のグローバル化に伴い成長余地の大きい海外へ流れた。企業は金融危機や災害、地政学などのリスクに備えて利益をため込み、リストラで収益を上げる傾向を強め、従業員の賃上げに回りにくくなった。一方で社会保障費を賄うための負担は増え続け、旺盛だった個人消費は減退。株高が景気に直結しない経済構造が定着した。

(中略)

第一生命経済研究所の熊野英生首席エコノミストは「現在の国内企業の株価はグローバル化した企業の実力であり、日本経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)を反映するものでなくなった」と指摘。国内景気が悪くても、海外での収益性が高まれば株価は上昇するようになり、「バブル期の『日本の景気=株価』だった情勢とは経済活動や収益の範囲もずれてきている」と分析する。

34年前は5%に満たなかった日本株の外国人保有比率も今は30%を超え、株価高騰の恩恵の多くを海外投資家が受ける。国内では株式を保有する一部の富裕層や高所得者は潤うが、恩恵は一般的なサラリーマンまで波及せず、格差が広がる。


引用元:https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1708635791/



【【悲報】アホ「日経平均史上最高!日本スゴイ!」産経「恩恵は海外投資家と富裕層だけで一般人まで波及せんぞ」】の続きを読む